フリーターは賃貸を契約できないという噂がありますが、実際のところどうなのでしょうか?
1人暮らしを始めたくてもお部屋を借りられないのであれば困りますよね。

そこで本記事ではフリーターでも賃貸は借りられるのかについて詳しく紹介していきます。
初めての1人暮らしを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • フリーターでも賃貸は契約できる
  • 正社員として働いている人よりは審査に落とされやすい
  • 初期費用には30万円~50万円ほどの費用が掛かる

目次

【結論】20歳フリーターでも賃貸は借りられる!

【結論】借りられる!

結論から書くと、20歳のフリーターであっても賃貸は借りられます。
しかしやはり正社員として働いている方と比べると審査には落ちやすい傾向があり、どんなお部屋でも絶対に審査に通過できるわけではありません。

借りられるけど借りづらいと考えておくと良いでしょう。
毎月安定した収入があり、収入に見合った家賃のお部屋を選んでいれば審査には通過できるため、職業だけで1人暮らしを諦める必要はありません。

1人暮らしに挑戦してみたいなら、まず気になるお部屋を探してみましょう。

20歳フリータの賃貸契約時に必要な保証人の基準

保証人の基準

保証人を立てる場合、どんな方なら保証人に選ぶことができるのか紹介します。
相手からの承諾が得られたら、自分の好きに選べるわけではないので注意しましょう。

保証人になれる基準は、下記の通りです。

保証人の基準

  • 契約者と同等またはそれ以上の収入があること
  • 2親等以内の親族であること
  • 反社会的勢力との関わりがないこと

保証人になれるのは、上記の3つの条件をすべてクリアしている方だけです。
契約者が20歳フリーターなのであれば、両親に頼めば全ての基準を超えられるかと思います。

基本的には親族以外は保証人になることができず、友人や恋人に保証人を頼むことはできないので注意しましょう。

上記の基準をクリアでき保証人が用意できない場合は、保証会社を利用してください。

20歳フリーターが賃貸を契約するための方法

賃貸を契約するための方法

20歳のフリーターが賃貸を契約する方法を紹介します。
1人で生活していけるほどの安定収入があるのであれば、正社員のような働き方をしている方どうように普通にお部屋が借りられますが、収入が不安定な場合や少ない場合には下記の方法を参考にしてみてください。

20歳フリーターが賃貸を契約するための方法

  • 頼れる親族に代理契約を依頼する
  • 両親や兄弟に連帯保証人を任せる
  • 保証会社を利用する
  • 貯金残高で支払い能力をアピールする
  • アリバイ会社を利用する

頼れる親族に代理契約を依頼する

1つ目の方法は、「頼れる親族に代理契約を依頼する」です。
もしも自分で審査を受けても落とされてしまう場合には、自分ではなく親族に代理契約を依頼してみることがおすすめです。

代理契約とは、名前の通り実際にお部屋に住む人とは別の人が契約者となる方法のことで、代理契約であれば契約者になる人の職業・収入で審査を受けることができます。

フリーターで収入が少なく自力では審査に通過できない場合は、親族を頼って代理契約することも検討してみましょう。

なお、代理契約は事前に確認をとらなければ契約違反になってしまうので必ず事前に不動産屋さんに確認をとるようにしてください。

両親や兄弟に連帯保証人を任せる

2つ目の方法は、「両親や兄弟に連帯保証人を任せる」です。
最近では賃貸契約で保証会社を利用するケースが一般的ですが、保証会社の利用には審査があります。

そのため、もしも保証会社の審査の段階で落とされているのであれば、両親や兄弟に連帯保証人を任せて保証会社を利用しない方向も考えてみることがおすすめです。

連帯保証人を立てることができるのであれば、保証会社を利用せずに賃貸を契約することができます。
保証会社を利用しなければ当然保証会社の審査はなくなるため、家族を頼れる方は連帯保証人を頼んでみましょう。

保証会社を利用する

3つ目の方法は、「保証会社を利用する」です。
賃貸を契約するには連帯保証人を立てることが必須条件ですが、家族に連帯保証人を頼むことができない場合は、保証会社を利用しましょう。

保証会社とは、賃貸契約時の保証人の立場を請け負ってくるサービスで、最近では保証人よりも保証会社を利用することの方が一般的です。

保証会社を契約すれば、家族に連帯保証人を頼むことができなくてもお部屋が借りられるため、保証人で困っている場合は利用を検討してみてください。

なお、保証会社の利用にはお金がかかり、契約時に審査があります。

貯金残高で支払い能力をアピールする

4つ目の方法は、「貯金残高で支払い能力をアピールする」です。
もしも引っ越しに向けて貯金を作っていたのであれば、貯金残高で支払い能力をアピールした方が審査の通過率が上がります。

まとまった貯金がある場合は、収入面を不安視されても貯金があるので家賃を滞納することはないと説明しましょう。

具体的には2年分の家賃相当の貯金があるのが理想です。
家賃5万円の物件の場合は120万円、家賃6万円の物件の場合は144万円ほどの貯金が必要になる計算になります。

引っ越しを急いでいない場合は、まず貯金を貯めてから引っ越しを検討すると良いでしょう。

アリバイ会社を利用する

5つ目の方法は、「アリバイ会社を利用する」です。
アリバイ会社とは、フリーターや無職、水商売などの職業で賃貸契約が不利になってしまう立場の方に実在する会社に在籍しているというアリバイを提供している会社です。

アリバイ会社を利用すれば、フリーターの方であっても正社員として会社勤めをしている体で審査を受けることができます。

なかなか審査に通過できず、困っている場合にはアリバイ会社に依頼することも検討してみましょう。

20歳フリーターが賃貸を借りる際のポイント

賃貸を借りる際のポイント

20歳フリーターが賃貸を借りる際のポイントを紹介します。
賃貸を借りる際は、下記の4つのポイントに注意しましょう。

賃貸を借りる際のポイント

  • 家賃は必ず毎月忘れずに支払う
  • 無駄な出費は避け貯金を作る
  • バイトは長期間続ける
  • 月収の1/3以下に家賃を抑える

特に初めての1人暮らしの場合は、少しずつでも毎月貯金ができるよう心がけることが重要です。
下記からはそれぞれのポイントについて解説していきます。

家賃は必ず毎月忘れずに支払う

1つ目のポイントは、「家賃は必ず毎月忘れずに支払う」です。
1人暮らしをする場合、自分の家の家賃は自分で支払わなければいけません。

家賃は毎月必ず発生するため、自分で何日に支払うのか決めておくようにしましょう。
家賃を支払い忘れることは、大家さんに迷惑をかけるだけでなく自分の信用情報に傷をつける可能性があります。

忘れてしまう可能性があるのであれば、口座引き落としやクレジットカード払いも検討してみてください。

無駄な出費は避け貯金を作る

2つ目のポイントは、「無駄な出費は避け貯金を作る」です。
収入が少ないフリーターの方は、生活を送るだけでもやっとなことから貯金はしなくても良いと思っている方もいるかと思います。

しかし、1人暮らしには予期せぬ出費が付き物です。
例えば、友人が結婚をした場合のご祝儀や自分が怪我をして働けなくなってしまった場合の治療費など。

貯金をしていないと後悔するイレギュラーなイベントは少なくありません。
無駄な出費はできるだけ避けて毎月少しずつでも貯金を作れるようにしましょう。

バイトは長期間続ける

3つ目のポイントは、「バイトは長期間続ける」です。
バイトは正社員と違い簡単にやめることができますが、できることなら長期間同じバイトを続けることがおすすめです。

なぜかと言うと、バイトを辞めてしまうと次のバイトを見つけるまでに無収入の期間ができてしまうからです。

1人暮らしの場合、無収入の期間であっても出費はゼロになりません。
できる限り同じバイトを長期間続けて、安定収入のある生活が送れるようにしましょう。

バイトがつらく辞めたい場合は次のバイト先を見つけてから計画的にやめましょう。

月収の1/3以下に家賃を抑える

4つ目のポイントは、「月収の1/3以下に家賃を抑える」です。
お部屋を選ぶ際は、現在の月収の1/3以下に家賃を抑えることがおすすめです。
なぜかと言うと、月収の1/3以下に家賃を抑えていた方が入居審査に通過しやすいからです。

初めての1人暮らしとなると家賃が高い良いお部屋に住みたいと感じる方もいるかと思いますが、家賃は一度契約すると引っ越すまで基本的に変わりません。

無理せず自分の収入に合った家賃を選ぶようにしましょう。
住んだ後で家賃で苦しんだとしても、引っ越しにはまた30~50万円の費用が掛かるので注意してください。

20歳フリーターが賃貸契約時に必要な初期費用

賃貸契約時に必要な初期費用

20歳フリーターが賃貸契約時に必要になる初期費用を紹介します。
初期費用全体としては、30~50万円位の費用が掛かります。

初期費用の内訳は下記の通りです。

初期費用の内訳

  • 敷金・礼金 それぞれ家賃1か月分
  • 仲介手数料 家賃1か月分
  • 前家賃 家賃1か月分
  • 保険費用 家賃1か月分
  • 清掃費用 3~4万円
  • 鍵交換費用 1~2万円
  • 保証会社初期費用 家賃0.5~1か月分

家賃が5万円だと仮定した場合上記の内訳で計算すると、初期費用は25万円です。
引っ越しには初期費用だけでなく、引っ越し業者にかかる費用や家具・家電購入費用などがかかります。

少なく見積もっていると予期せぬ出費で生活が回らなくなる可能性があるので注意しましょう。

賃貸で1人暮らしをしている20歳フリーターの生活費の内訳

20歳フリーターの生活費の内訳

賃貸で1人暮らしをしている20歳フリーターの生活費の内訳を紹介します。
同じ20歳フリーターでも人によって生活費の内訳には大きな違いがあり、特に食費や娯楽費、家賃などは個人差が大きいです。

節約をするのであれば手取りで16万円ほどの月収があれば1人暮らしが可能です。
これから1人暮らしを始めるか迷っているという方は、まず他の方の生活費の内訳を確認して自分の収入で思い描いているような生活が可能かどうかを考えてみましょう。

東京でフリーターとして賃貸で1人暮らしをする場合の内訳

東京でフリーターとしてお部屋を借りて1人暮らしをする場合の費用の内訳を紹介します。

東京で一人暮らしをしているフリーターの費用の内訳

  • 食費 3万円
  • 光熱費 1万円
  • 日用品 5,000円
  • 通信費 5,000円
  • 交際費 2万円
  • 服飾費 1万円
  • 家賃 6万円
  • 貯金 1万円

上記の内訳だと、合計金額は15万円になります。
東京都でお部屋を借りる場合、都心部に住むか郊外に住むかで家賃が変わってきますが、おおよそ6万円前後の費用がかかります。

大阪でフリーターとして賃貸で1人暮らしをする場合の内訳

大阪でフリーターとしてお部屋を借りて1人暮らしをする場合の費用の内訳を紹介します。

大阪で一人暮らしをしているフリーターの費用の内訳

  • 食費 5万円
  • 光熱費 1万5,000円
  • 日用品 5,000円
  • 通信費 5,000円
  • 交際費 2万円
  • 服飾費 1万円
  • 家賃 5万円
  • 貯金 0円

上記の内訳だと、合計金額は15万5,000円になります。
上記の内訳では貯金ができていませんが、毎月少しも貯金ができないとなると冠婚葬祭などのイレギュラーなイベントが発生した際に困ることになるので注意しましょう。

20歳フリーターが賃貸を借りる際によくある質問

よくある質問

最後に20歳フリーターが賃貸を借りる際によくある質問についてまとめて紹介していきます。
今回紹介するのは、下記の8つの質問です。

よくある質問

  • 保証人は親族を選ぶ必要がありますか?
  • アルバイト歴が浅いのですが賃貸を借りられますか?
  • フリーターの場合保証人がいないと賃貸を借りられませんか?
  • フリーターで賃貸を契約する場合どのくらい貯金が必要ですか?
  • 賃貸は正社員じゃないと借りられませんか?
  • フリーターは引っ越しの審査を通過できませんか?
  • 貯金が300万円あれば無職でも賃貸を借りられますか?
  • フリーターの場合はルームシェアだと審査に通過できませんか?

保証人は親族を選ぶ必要がありますか?

保証人は原則親族を選ぶルールがあります。
そのため、安定収入のある親族がいるのであれば、親族に頼むようにしましょう。

もしも親族に安定収入のある方がいない場合やそもそも親族が頼れない場合には、保証人ではなく保証会社を利用することがおすすめです。

保証会社とは、賃貸契約時の連帯保証人の立場を請け負ってくれるサービスで、大家さんにとっては連帯保証人よりも保証会社の方がやり取りがスムーズなため、契約時に連帯保証人ではなく保証会社を使用するよう指定されているケースもあります。

アルバイト歴が浅いのですが賃貸を借りられますか?

アルバイト歴が浅かったとしても借りられるお部屋はあります。
しかし引っ越しには少なくとも30~40万円ほどの費用が掛かるため、まとまった貯金が無ければ仮に借りられたとしても1人暮らしをはじめられない可能性が高いです。

アルバイト歴を始めたばかりの人よりも、やはり長期間アルバイトを継続している人の方が審査には通過しやすいため、やむを得ない理由がない限りは急いで1人暮らしをすることはおすすめできません。

フリーターの場合保証人がいないと賃貸を借りられませんか?

フリーターだからといって保証人がいなければ賃貸が借りられないことは一切ありません。
そもそも現在では保証人よりも保証会社を利用することの方が多く、基本的にフリーターかどうかに関係なく保証人より保証会社を契約するよう指定されます。

フリーターだからといって頼れる親族がいなければお部屋を借りられないわけではないので安心してください。

なお、保証人の代わりである保証会社の利用には、連帯保証人などを用意する必要はありません。

フリーターで賃貸を契約する場合どのくらい貯金が必要ですか?

フリーターであっても賃貸を契約する際にどのくらいの貯金があることを契約条件にされることはありません。
安定した生活を送ることを考えるのであれば、50万円くらいの貯金があるのが理想と言えるでしょう。

引っ越しには、引っ越し代、お部屋の初期費用、前家賃、ネット回線開通費用、家具家電購入費などで少なくとも30万円前後お金がかかるため、余裕をもって50万円くらいの貯金があると安心できます。

引っ越しにかかる費用分だけしか貯金がないと、予期せぬ出費が発生した際に対応できないので注意してください。

賃貸は正社員じゃないと借りられませんか?

賃貸は正社員じゃなくても借りることができます。
確かに正社員として働いている方とフリーターの方を比べると毎月安定収入のある正社員の方が審査で有利ではありますが、フリーターだからと言って100%お部屋が借りられないわけではありません。

毎月一人暮らしできるほどの収入があり、その収入に見合った家賃のお部屋を選んでいればフリーターの方であっても好きなお部屋を借りることが可能です。

不動産屋さんでも正社員じゃないからといって嫌な態度をとられることはないため、悩まずに相談に行ってみましょう。

フリーターは引っ越しの審査を通過できませんか?

フリーターであっても引っ越しの審査に通過することは可能です。
しかし確かに、正社員として働いている人と比べると審査は厳しい部分があることも事実で、審査が厳しいと有名な会社に申し込んでいた場合は職業だけで落とされてしまうこともあります。

大抵の保証会社では、フリーターという職業だけで審査に落ちることはないため、フリーターという働き方をしているからといってそれだけで理想の生活を諦めてしまう必要はありません。

1人暮らしを始めてみたいのであれば、自分の収入で借りられるお部屋があるか不動産屋さんに相談に行ってみましょう。

貯金が300万円あれば無職でも賃貸を借りられますか?

貯金が300万円あるのであれば無職の方であっても借りられるお部屋があります。
しかし、まとまった貯金があったとしても現状無職の方にお部屋を貸している大家さんはほとんどいないため、貯金だけでお部屋探しをする場合は、働いている方と比べて大きく選択肢が狭まる可能性が高いです。

特別な事情がない限り無職のままお部屋を探すことはあまりおすすめできません。
なお、内定を持っているのであれば無職という扱いにはならないため、必ず内定を貰っておりいつから働くと伝えるようにしましょう。

フリーターの場合ルームシェアだと審査に通過できませんか?

フリーターであってもルームシェアの審査に通過することは可能です。

しかし、フリーターの方は正社員として会社勤めをしている方よりも審査に落とされやすい傾向があり、ルームシェアも1人暮らしやファミリー世帯より審査に落とされやすい傾向があるため、審査に通過することは簡単ではないことが予想できます。

探せばどこかしらルームシェアができるお部屋は見つかると思いますが、どのお部屋でも審査に通過できるわけではないと考えておくと良いでしょう。

【まとめ】20歳フリーターでも賃貸は借りられる?

【まとめ】

本記事では20歳フリーターでも賃貸は借りられるのかについて紹介しました。
いかがだったでしょうか?

正社員ではなくフリーターとして働いていたとしても、賃貸は契約することができます。
実家から出て1人暮らしをしてみたいのであれば、諦める前に挑戦してみましょう。

本記事が一人暮らしを検討しているフリーターの方のお役に立てれば幸いです。